もうひとつのシンクロ
(ルビーになった女性がお店をさがしていたのです)

ちょっと前に山本先生とシンクロニシティー というのを書きましたが この頃並行して起こって
いたもう一つのシンクロです

パンプル・ムースのブレスを持っている方はしばしばシンクロニシティーなどを体験するようで 
お店に来られた方とおしゃべりしていると みなさんそれぞれ様々なことが(不思議な事も
含めて)おきているようです
それなので私などは ありえないこと 物理的に説明できない事が起こったり 
聞いたりしても普通のことで 不思議でもなんでもなく 世の中にそれくらいの事象は
毎日数え切れないほどおきているものと思っています

去年の終わりごろ
数年ぶりで自律神経失調症が出て 動けなくなりました
店にいたのですがうずくまったままどうにもならず ここで夜明かしはいやだー と思い
 幸い手元近くに会った携帯で西村先生に電話しました

先生のおかげでなんとか体を動かすことができるようになり 家に帰れました
2日寝込んで また先生に電話させていただいたところ 3人憑いていた とおっしゃるのです

ええ〜3人も
みな亡くなった方方 ということでした

次の日 ちょうどヒーリング研究会があって 瞑想していたとき その3人を特定することが
できたのです

実はその数週間前の朝 太極拳に行くために国道を歩いていると歩道に花が飾ってあったのです
うわーやばい と手を合わせて心の中で無事上に上がれますようにと祈りながら 急いで通り過ぎました
次の週はまだまずいだろうと 別の道を通ることにしました
3週目 すっかり忘れてしまい 又通ってしまいました

私でもわかるほど広範囲に淀みが広がってしまっています
急いでもう一度上がるようにと 祈りながら通り過ぎましたが ついてきてしまったのですね〜

その日たまたま来店されたお客様に その話をしましたら 地方版に載っているような大きな
事故だったということでした
大型トラックとバイクの衝突で バイクの方が亡くなったそうです
お若い方だったのだろうと思います
御遺族があきらめきれなくて 頻繁に新しい花束を置いていかれるようでした

何かで読んだのですが いつまでも現場に花などを置くのはあまり良いこととはいえないそうです
亡くなった方が天に上がろうとしても 逆にその足を引っ張るようなことになってしまうようです

もう一人はお客さまだったのですが とっくに挙がられたろうと思っていたので びっくりしました
がこの方に事故の少年を導いて一緒に上がってくださるようにお願いしました

快く引き受けてくださった感じで 二人共の気配が消えました
前にも書いたことがあると思いますが 消えるのは意外とわかるのです
もしかしたら 一緒に連れて上がるためにまた降りて来てくれたのかもしれません
巨大なブルールチルのかたでした
感謝感謝です

最後の方は○○堂の霊能力のあるカリスマ治療家のかたでした
子供さんがそこを継ぐ予定だったのですが このかたが亡くなられた後 経営がうまくいかず 
とうとう閉めることになったそうです
そうしてもっと規模の小さなテナントを借りて仕事を続けて行こうとなさっていたのですが
どうにも店舗がみつからず 困っていらしたのです

「私なんかのところに来ている場合ではないですよ 子供さんが困っていらっしゃるのだから 
なんとかあなたの力をかしてあげてください」
とお願いしましたら やはり気配が消えました
とても力のある方だったので 現世にも影響をおよぼすことができるのではないか 
とちょっと期待していました

数日後 電話があり 明日で閉めます ということでした
だめだったか〜 と残念に思いましたがしかたありません
そしてとうとう午後3時で閉店 という当日の午後また電話が来ました

 取引先の問屋さんから昼すぎに電話があり いままでやっていたところから1ブロック先の
お店(奇しくも業種は同じ)
が店主さんが高齢のため店を閉めたいので 来年3月になりますがその後を継がないかという
話でした
大きな店なのでそれまでのあいだ 一部のみ貸してあげても良い と言ってくださっているそうです

今の今は資金的に大きな店を借りる余裕はないので 来年3月まで一部のみ借りれる
ということであれば 条件としては最高です
職種はほとんど同じなので 一隅を借りても 後で全部を継いでも何も問題ありそうには見えません
さすが カリスマさん  奇跡を起こしたと 感服いたしました
カリスマさんの石は最初は大きなインカローズでしたが 数年前に変わって
ホワイトルチルになりました

この奇跡に乗るかどうかは あとはその後継者さん次第ですね〜

要は霊体になってしまったとしてもなんらかの役目(役に立つ仕事のような)があるというのは
大事なんだな〜 と思いました