栄華富貴の勝手気ままの徒々記

ラブラドライト

手の平におさまるピンポン玉ほどのこの石が 私を新たな人生に導くアイテムでした

太極拳仲間のHさんからもらったその石には まるで内部から光が発しているかのように
神秘的に輝く ブルーとそして 虹がありました。とてもきれい 
とは 思ったけれど、その頃石は生命をもたないもの と 思っていたので 
さほど深く興味を持つということもなく、ふぅーんという感じでホっておいたのです。
数日してフト見ると、何か違う。
あれ? 虹の部分が広がっている? まさか?
生きものでない石が変わるわけはない...!と思いましたが
とりあえず 石をくれたHさんに見てもらいました、

Hさんも驚き やはり虹部分が広がっていることを確認。
それが 
ラブラドライトという石でした


石は変化する
不思議な心地よい驚きでした 

石も生きている!!
途端に石に興味が惹かれるようになり Hさんにミネラルショウに
連れて行ってもらうようになりました
そこで私のその後の人生を導いてくれることになった 
トルマリンと出会ったのです

当時の私は立ちくらみやめまいなどの症状に悩まされ続け 症状がだんだん悪化していて
階段を上るのも困難になり 頭痛と吐き気でまったく動けない日もありました
医者にかかると自律神経失調症と診断され 当時は原因も治療法もなく
ストレスをなるべくかけないように といわれました

そんな時、友人が言った「マイナスイオンがいいらしい...」のひと言が耳に残り 
トルマリンのマイナスイオン効果について耳にしたこともあり。
よし!試しにトルマリンを身につけてみようと思い立ち。
トルマリンのネックレスをつけていたら3日ほどで目まいの症状が消えてしまったのです
あまりにも速やかで自然で 特別何かした という感じがなにもないのです
ウ??ン... でもたまたま? 自然になおる時期だったのかも
半信半疑の私は、トルマリンのネックレスをはずしてしまいましたた。もともとアクセサリーが
好きではなかったのです 
すると、2か月ほどして また目まいや吐き気などの症状が出始めました。
トルマリンネックレスをつけてみる。
今度は1時間ほどで目まいの症状が消え 体がとても楽になりました
頭痛も軽くなった感じです
それ以来、トルマリンネックレスをずっとつけたままにして、
まわりに体調が悪い人がいると、トルマリンを奨めるようになりました。
ところが全然効果かない人もいたのです。
それが納得いきませんでした
私だけではなく多くの人に効果があるのに この人にはなぜ?

トルマリンには、ピンク、黒、グリーン ブルーなどあらゆる色があります
トルマリンを身につけていても効かない人がいるのは、もしかして 色によって
波動のようなものが変わってしまい そのため 効果に違いが出るのかなと思い付き 
その人に合うう色を ダウジングで選んで つけてもらうようにしてみました
これは劇的でした 
こうして 10年ほど前から初めていたダウジングを使って 
つける人にぴったり合うトルマリンをみつけて デザインして 
ということでヒーリングストーン専門の お店を始めたのです
これがパンプル・ムースのはじまりでした

ところが、トルマリンは思ったほどには売れない。
お客様皆が不調を抱えていたり 病気だったりではなかったわけです
それなら 病院なり 治療院なり行きますよ ね〜
 私はちょっと もしかしたらかなり 間抜け・・・ ?かも
そんなわけでこのころ 本当に自信を失い 店を出すなどということ自体おおきな間違い
だったのでは と悩んでいたのです

そんな折、「琥珀とルチルです...」という啓示のような声
たま〜にあるんです不思議なことが ただそういうことがあっても 今までほとんどそういうことに
従ったことはなく 失敗を積み重ねてきたわけで 今度も
それがどうした だから何! と思ったのです が 
そのときは  家賃分の売上もなく 店じまいするしかない という状態 
 とにかくそれ(琥珀とルチル)がどういう意味なのか ダウジングで探ってみる
くらいはしてみよう せっかくだから(おばさんなんです)
  
すると 身に付けた人の運がよくなるラッキー☆な組み合わせということでした
試しに次の日から 
”ラッキーカムカム”と銘打ってブレスレットにして
売り出すことにしました。
しかし、こちらもすぐには期待したほどには売れず、ある日 またまた
家賃の支払い期限が迫っているのにお金が足りないという事態に!
オープンして5ヵ月 明後日は家賃支払い日 でも売り上げがない 
5万円足りない
もう ダメかな 店を維持するのはどうしても無理かな
 閉めるしかない 悲しいけどあきらめよう

そうだ!自分に”ラッキーカムカム”を作ってみよう。
実は、それまで、自分に”ラッキーカムカム”を作って何も効果がなかったら
 と想うと恐くて 自分では使っていなかったのです
自分が使ってもし何も変わらなかったら もう2度と人に勧めるなんてできないでしょう?
でも、ここまできてるんだから (またもや崖っぷち?何回め?)
とにかく 何も効果がなかったら 店はその月で閉めようと自分に言い聞かせ 
初めて 自分のためのラッキーカムカムを作りました
するとそのあとのたった二日間で 足りなかった家賃分以上 の売り上げがあり(不思議でした
 あんなに何日も全然売れなかったのに どいうこと?)、次の月からは、家賃と
仕入れには困らなくなったし、 個人的な運はめちゃくちゃよくなりました

それまでくじをひけばポケットティッシュ 尋ねれば相手はいない
電車に乗ったら立ちっぱなし 財布を落としたら(2・3年に1回は落としてました)出てこない
車はしょっちゅうぶつけていたし 警察署の中でもぶつけましたし 側溝に落ちたり 当て逃げ
されたり 詐欺にも数回あったし(結構こりないというか学習能力に欠けるというのか)
 いのちかけるほど大事に思っていた約束に なんと寝坊して2時間遅れて友達失くしたり

個人的体験で恐縮ですが くじは特等あたりました(ペア宿泊券だけどカンカン鐘が鳴らされて
びっくりでした) 電車は不思議に座れるようになりました こんでいても次の駅とかで
自分の前だけポカッとあくんです
財布はその後2回 しかも続けてゴミ捨て場に落としました
ちょっと大きめだったので脇に抱えていて ゴミといっしょに落としていたようです
1度目は30分ほどで気がついて戻りました
まだゴミはそのままあったので ゴミ袋をかきわけて探し見つけました ラッキー!!
2回目は夕方まで気がつかなかったので もうだめかと思っていましたが ゴミ捨て場の金網の
脇にポツンとおいてありました 多分集積する方が目立たないようにそこに置いてくれて
運よく誰も見つけなかったということかな と思ってます

それでも、なかなか生活費にまで余裕がなく それから1年後
もう一度店を閉めるか どうするかと 悩むときが来ました
ただ個人的な運は相変わらずよかったので 
お店の運まで私が使っちゃっている な〜んて   ・・・まさか”
そこで今度は自分で閃きました お店用のがなかったじゃない!
 お店専用のラッキーカムカム”を作りました
それからです 新しいお客様がついてくださり、お客様がお客様を呼んで・・・ 
口コミでお客様が来てくださるわけですから 本当にありがたいです

そんなお客様の何人かの方々が、「守護石が欲しい!」と...
私はそれまで守護石などあるはずがない。
そんな人間に都合よい石があるはずはない
 常識で考えても おかしい などと言っていました

守護石=守護霊と同じような存在 と考えたのです
最低でも大難は小難に小難は無難にしてくれなければならない
それを アクセサリーひとつで?
無理を通り越して おかしい?とおもうでしょう


”ラッキーカムカム”だけで充分だと思い、お客様にも そうお話ししていました。
お客様が どうしても守護石を強く望まれるときだけ、とりあえずダウジングで 
 その方にとって相性が良く 守護石として使えそうな石を見つけ
ブレスレットにして身につけていただくようにしました
ブレスレットに作るというのは 
パワーストーンとして機能させるために
[守護石でもラッキーカムカムでもモテモテでも)最低限必要な長さで
それが 持つ方の手首の長さなのです 
それより長い分にはいくら長くても OKですが 短いと 
当店ではできあがると必ず  Oリングテストをするのですが 
そのテストがうまくいきません


守護石ブレスレットを作るようになり、
それらを身につけられた お客様の体験談で
奇跡としかいえないようなことをたくさん 聞かせていただき
 私は守護石と本格的に取り組もうと思い始めます

守護石として確実に機能するということは、
身につけた瞬間から 
波動をその方にとっての最高の状態にする 
そうなると精神が安定し グラウンディング(地に足がつく)
されるようになる 
オーラがクリアーになり(オーラは色ではなく透明度が大事 
と思います) 低いものに入り込まれて 睡眠が阻害されたり
することもなく 自然に人生が良い方向に進み始める  
というようなことを現実化させる ことと思っています
今では守護石が一番大切であり基本のブレスと考えています

守護石について
守護石として使える石は今現在においては 当店のわかっている範囲では25種類あります
今後もっと増えていくかも知れません
なぜなら 新たに発見されたとか  人気がなかったり 量が少なかったりで あまり市場に
でてこなかったものが 出回るようになることもあるからです
 そのときに 人にとってとても力になってくれるものが あるかもしれないからです
すべての鉱物はそれぞれ特別のパワーを持っていると思います
しかしそれぞれ役目は違っていて 人の助けとなるものもあれば 別の役目を担っているものも
あり 様々です
1種類だけではパワーを発揮しにくいのもあれば 逆に他が入ると全くだめになってしまう場合も
あります
石はとっても単純ですがとっても複雑です
同じ種類のパワーストーンでも もつ人によって 大きさ 形 色具合 グレード すべて違うので
選択肢は無数といってもよいのではないでしょうか
ですから いちいち持つ人ごとに調べなければなりません
身につける方の波動がその人にとっての最高の状態となるようにするには どの波動を
合わせる必要があるのか ということだと思います
オーラがクリアーになるように 不安感が薄れこころが安定するように
そして
大難が小難に 小難が無難になるように
石を選び デザインし 作成することを心がけています
その人にピッタリ合ったアクセサリーを身につけていただいたとき
1番最初に感じるのは その方の表情の変化です
あきらかに明るく 美しくなり お顔が一層キレイに輝いてみえるようになります
この様子こそが真のその人の姿なのだろうと ひそかに感動したりします


守護石として使える石について 絶対に注意してほしいことがあります 
 この石が守護石の人は こういうところもありますね 
ということがおおよそ推測できることがあるのですが
こういう方だから こういう性格だから この石が合う というのは間違いになります
あくまでも この石が守護石となるということは 
その人の中にこういうところもありますね ということなのです
そこを間違えないようにお願いします
人は色々な面を持ち 
様々な要素が集まって ひとつの人格を形成しています
たったひとつの言葉で一人の人を表現することは不可能です

次にいくつかの守護石の名前とそれが合った人の
一部の典型的な特徴を お知らせしてみます 
ただ 必ず例外ということがありますので それは御承知ください


水晶  この石が守護石の方はとても少ないです
     なぜか わかりませんが
     良いご両親に恵まれ 大きな障害もなく するすると
     育ってこれた方かな と思います
     ヒマラヤ水晶になると ちょっと違うようです

煙水晶 スモーキークオーツ
      ひとことでいえば 頑固な方
     人のいうことに簡単に左右されない 自分というものをきっちり持っている

紅水晶 ローズクオーツ
     他の人には気がつかない細かいことや小さなことにも よく気がつく人
     かわいいもの キレイなものが好きで 集めたり という方も多いです

2009-05-23

サン ムーン〜

最近 時代の変化を 痛切に感じています
アセンションとか アクエリアスの時代 フォトンベルトが とかいろいろ言われていますが
守護石から見ると 去年まで市場にほとんど出ていなかった石が 突然でまわるようになり
(鉱山がみつかったというこかなと思いますが)その石が守護石となる人が 
急にたくさん来られたり 去年まで多くの人が合っていた石が 合う人がとても少なくなったり・・・
サンムーンもそのひとつで 今年になってから この石が守護石の女性がとても多いです
去年までは石もあまり見掛けなかったし この石が守護石となる人も2・3人を除いて
ほとんどいませんでした
ムーンストーン(月の石)のモカ色にイリュージョンサンストーン(太陽の石)の特徴が表れている
のですが 月と太陽 隠と陽 二つの相反するものを1つに融合する 調和する力 または役目が
あるという方の守護石のようです
 時代の色も去年まで(パンプル・ムースを始めてから)はピンク と思っていましたが
今年から紫 ですよね  今年のフアッションの流行色も紫だそうですが
 占星術でも20世紀はうお座で2元性 物質主義の時代でしたが 21世紀はみずがめ座 
1元性 精神主義 心と体はひとつのものであり 精神は体にストレートに影響を与える 
という考え方の時代に変わったそうです
そして 去年まではまだ前世期の影響がおおきかったのですが
今年からほんとうにみずがめ座の時代が到来したという風に 感じています
人によるかもしれませんが シンクロニシティが非常に増えてきているし 時空に流れる時間と
3次元界に流れる時間も 以前より近くなっている気がします
現実化にかかる時間が短くなっているような
時間自体が短くなっているのかな と思ったりしませんか
それは歳のせいばかりとはいえないかもしれません
光の速さも一定ではないそうですし 光より早くつたわる粒子もあるそうですし


守護石 ピンクオパールとブロンズルチル
もう数年前になりますが ある霊能者の女性がいらっしゃったときのこと
妹さんに当店を紹介されたということでした
最初に来た時にはなにをされている方とかはまったく 聞いていません
このときの守護石はピンクオパールでした
ピンクオパールが守護石の女性は結構多いです

ピンクオパールに関してのみ タイプが2つあります
1つは 本来的にピンクオパールタイプの方
繊細で敏感で ちょっとしたできごとでも 普通よりも10倍にも20倍にもとらえてしまう
ちょっと心配性 人の痛みもとてもつよく感じとれる

もうひとつは今現在の状態が本来よりも ダウンしていたり 弱っていたり グラウンディングが足りない
という場合です

それが3年ほどたってもう一度いらしたとき きれいだったピンクの色が真っ茶色になってしまっていて 
思わず
[よくこんな色になってしまったものを 腕につけていられましたね」 といいましたら
「これがマイナスの霊的エネルギーを吸っていくのが見えるので どんなに色が変わっても
絶対にはずせませんでした」とおっしゃるのです
「見えるんですか?」 と聞き直しましたら 実は私はそういうことで人助けをしているんです「」 と
いうのです
一見したところ 私には普通の方にしか見えないので 心の中で本当に? と思ってしまいました
色々話を聞かせていただいているうちに 
「時々 観音様が降りてくるのです 食事をしていようが風呂に
入っていようが 関係なく突然いらっしゃる そうすると私は自動的に合掌してしまう 家族はもう
慣れてしまって 突然私がそういうことをしても気にしない 」
あるときやはり 観音様がいらして 御手にハスの花の少し開きかけたつぼみを持っていて
それをゆっくりと掲げて すーっと私のほうに向けてくださった 私は有難くて 涙がしばらく止まらなかった」
この話を聞いたとき わたしにもその情景がありありと心に浮かんで この方は本当に 観音様が見えているのだな
そうとすれば 本当に人を救う力があるのだろうなと 思いました 
もともとは3軒ほどのお店を持っていらしたそうですが 助けて欲しい というような電話があったりすると
店を放り捨てて そちらにいってしまうようになって 従業員のかたに何故そこまでするんですか?
と言われて自分の本当の務めは これだから と とにかく 助けにいかずにはいられなかった
というのです そんな風なので店はだんだんだめになり とうとうすべてやめてしまった ということです
そうすると 今度はそういう彼女のやることを援助してくれる人があらわれ その援助のおかげで 日本だけで
なく世界中 行かせて頂いています  ということでした
料金は一切 いただかないそうです

ピンクオパールはもう全然合わなくなっていて 次の守護石は ブロンズルチルになりました
ブロンズルチルは直観力があり 霊的エネルギーにとても敏感に反応する それも神仏的エネルギーに
より影響を受けやすい方の守護石です
このブロンズルチルのかたは この方が第一号で それから数カ月経つうちに この方のほかにも
ブロンズルチルが守護石のかたが現れるようになりました
本当に次元上昇やらアセンションやらあるのだろうな そのための今
激動の時にいるのだろうと思わざるを得ないような  
私にとっても きつい1年でした 
でもそれもこれも 次のステップに向けての準備と思えば すべて良し 
ということでしょう
守護石も去年 ずい分変化したと思っていましたが 今年の変化に比べれば
かわいいものだったな と今では思います
おととしまでは 大きな変化はなかったので たとえば仕入れのときも
それまでの傾向にあわせていれば 大体OKだったわけです

ところが2010年の半ばごろから 以前の傾向が全く意味をなさなくなるほど
変わってしまって 守護石となるものの種類も急激に増えて
 最初は本当にとまどいました
見たこともなかった石のパーツがたくさんでてきて めずらしいので少しだけ
仕入れておいたものに それが ピッタリという人が あらわれて 
へ〜ふ〜んこれなんだ 変わった人なんだろうな と思っていたら
次から次と その石の人が来て ・・・と 今でも当店には1つしか
ないし よそでも見たことがない というものもあります
たった一人合う方がいらっしゃいましたが 値段が高すぎる ということで
まだ 店内に飾ってあります

2011年の守護石の特徴としては 水晶ファントム系でした
水晶の中に様々なインクルージョンが入って 一種の模様を形造っていると
いうものです
これも色もいろいろ ファントムの入り方もいろいろで 数種類にわかれますが
共通しているのは どのファントムの方も 感性感覚がとても鋭く あらゆることに敏感に察知し反応することができる そのためか 霊的なエネルギーに
よくも悪くも非常に影響を受けやすいと いうことのようです
去年のサンムーンと同じように やはり今という時代が そういう人達を多く必要としているので 地球自らがその要請に応えて 山を出してくれているのかな?
そう考えると楽しくなるし 心配なんか必要ないし 地球に感謝したくなります

あるラピスの社長さんは 最初からとても大きな玉で この方も男性なんですが 
小さいときから普通見えないはずのものが見えたのだそうです
おばあさんが やはりそういう方だったそうですが 私の印象では 背も高く 
堂々とした押し出しの良い方で そういうものが見えるとかそういう存在を信じているとか 
つまり精神世界(スピリチュアル)に興味があるかたのようにはまったく見えませんでした 
お仕事を人並み以上にばりばりなさっていて 何よりも仕事が好きということでした
このかたは見える方だけに 腕につけたときにすぐ 違いがわかるということでした
具体的に守護石としての効果がわかるらしく そのあとラッキーカムカムもお作りになりました
ラッキーも大きな珠でした
 
おおよそ守護の玉が大きいと ラッキーを作っても 他のアイテムを作っても全体に大きくなってしまう
傾向があります 
玉の大きさはその方のもつエネルギー又は器や 運命などの大きさなのかもしれません
ただし 大きいから良い とはかぎりません
大きいということは 良いことも良くないことも大きく来るということだと思います
運命は必ず 自分の力で乗り越えることのできることしかやってこないと思っています
それでも 苦しいことはできれば少しでも楽に 少しでも短期間で終わりにしたい
そのためにも どんな状態になってもなるべく自分のバランスを崩すことなく 前向きに明るく
立ち向かっていく 色々な道がある中でも最良に近い道を選んでいければ と願っています 

それからも 社員さんたち?
と思うのですが 若い女性たちを次々にお連れ下さり 皆さんに 守護石をプレゼントなさいました
このときの 皆さんの守護石の種類は同じではありませんでした 
同じような石だったら ひとつの目安というか法則のようなものができるのに ちょっと残念
先入観持ってはいかん!ということでしょう

もう一人ラピスの社長さん
この方はその当時 ある会社の雇われ社長さんでした
最初は小さめのラピスでけっこうよく切れたり白っぽくなったり 石がざらざらになったり大変でした
あるとき奥様と一緒に社長さん自身もお見えになり 切れたブレスをお持ちになったのですが 
社内も社長さん自身も大変な状態ということで うらないもさせていただきました
石のほうは大きさもグレードも現在のこの方には全く合わなくなっていて とても大きなグレードのよい
ラピスに変わられました
本来のこの方の石になったという感じです エネルギーも器も大きく 魂もきれい というような
新しいブレスをつけた途端 とてもおもしろかったのです
大きな方で 全体にだいだいとしていらっしゃるのですが お目だけは細めで小さいのです それが 
それまで眠ったような目をしていらしたのに 急に眼がかっと見開かれて まったく表情が一変して
しまい 奥様と二人びっくりしてしまいました 
ところが当人は自分の変化にはぜんぜん気がついていないのです
その後もいろいろありまして 何度か占わせてもいただきましたが すべて乗り切られたようです
ちなみに 奥様はインカローズで ラピスとは最高に相性のいい組み合わせです

守護石 ラピスラズリ

少々年配の女性が 切れたブレスを直してください ということで来られました
そのかたの話してくださったことです
あるとき庭でひどい転び方をして 18針も縫うおおけがをした
それもお顔にです
入院している際の看護師さんやお医者さんから 何度も言われたそうです
「目にかからなくて本当に運がよかったですね」 と
そして 「ほら ここよ」と指さしてくださったのですが あと1ミリの半分ずれていたら 失明したかも 
というくらいギリギリの位置だったのです
お医者様の腕がよかったのでしょう
年配の方でもあり しわとあまり見分けがつかないので 私は言われるまでお顔の異変には
気がつきませんでした
このかたの守護石がサンムーンでした

サンムーン 陰と陽  太陽と月
この石が守護石の方はほとんど女性です
今のところ男性は一人もいません  感性感覚が鋭く 明るい場面も暗い場面も どちらにも対応できる
二つの相反するものを1つに融合する 調和する力 または役目が
あるという方の守護石のようです
20世紀はうお座で2元性 物質主義の時代でしたが 21世紀はみずがめ座 
1元性 精神主義 心と体はひとつのものであり 精神は体にストレートに影響を与える 
という時代になりました
こんな風に その時の時代に即して そのときに必要な鉱山が見つかり 市場にも 石のパーツが出る
ようになる
パーツにするにはある程度大きな山がないと むつかしいのではないかと思うのです
この石のときもそうで 変わった石だな〜と思ってたった1本だけ仕入れたブレスがあって 
石の名前がはっきりせず 何人もの業者さんになまえを聞いてみました
けれどほとんどの人が聞いたことがない というのです
一人だけ 「サンムーンと言われている石があるそうだから それではないか?
 私は見たことがないから断言できないが 」といってくれました
今ではたくさんあります

私も数年前 にサンムーンだったことがありました
このブレスは失くしてしまったのですが とても不思議な失し方をしました
戸隠神社にいったときのことです
5人で車で いったのです
最後の本殿にいくときのこと ここは鳥居から2キロほどのゆるやかな上り坂を行かなくてはなりません
 私は歩くのも好きではないし 喘息があるせいか呼吸が苦しくなるので 上りは本当に苦手です
ところが ここはいつ行っても必ず引っ張って呉れるのです
自動的に足が前に出て行き かなり早足で歩くことになるのですが 思ったよりは疲れません
帰りはとっても元気になります
わかる方がいうには ここのある杉の木のてっぺんには天狗様が二人いらっしゃるのだそうです
それが引っ張ってくれるのだろう ということです
そこの本殿の下にとても小さな滝があって水分り神社となっています
それまで参道の脇を流れる清流で何度かブレスを洗いながらきたのですが どうしても1本だけが
きれいにならず この滝つぼの」中で最後にもう一度させていただこう 
ついでだからもうきれいになったけれど ほかのも一緒にと 全部水の中にいれさせてもらいました
しばらく そのままにしておき周囲を眺めたり ときどき石をとりだして 浄化具合をみたりして 
とうとうその1本がきれいになったので それだけすぐに腕につけました
その腕につけたものだけは 持って帰れたのですが 他の4本はすべてそのなかに置き去りに
してしまったのです
実は途中3回声があって 「ちゃんとバッグの中にあるかどうか確かめたら」といわれていたのですが 
その度に自分で「ダイジョブ だいじょぶ 底のほうに入っているから上からは見えないけど」といいきか
せてしまうのです
結局確かめたのは翌日でした
ひとつもない! ザーッと血の気が引く思いでした
すぐに神社の社務所に電話をいれ 見てくれるようにお願いしました
ところが 一本もない といわれたのです
4本(守護石 ラッキー モテモテ トルマリン)思わずもう一度全部作ったら 
いくらかかるだろうと計算してしまいました
残ったのは守護強化アイテムの龍 鳳凰バージョンだけでした
「こいつがなかなかきれいにならなかったから ほかのを全部失くすはめになった」 とがっくりしました
けれど 一緒に行った方たちに話したら 逆に「そんなもの(不浄な人間の持ち物)を神聖なあの場所に
受け入れてもらったほうが驚きだ 普通おいてこさせては貰えないでしょう」 といわれ 
そうか〜置いてこさせていただいて有難かったんだ と思うようになりました
よく考えてみると 守護石=私の魂 ラッキー=私の運命 モテモテ=周囲のひとたちや関係 
トルマリン=体 これまでの私の人生のすべてなのです
それを受け入れていただき 過去とは離れて 新たなる人生を歩んでいっていいんだよ
というお墨付きをいただいたようなものだ と勝手に解釈することにしました 
今では私は失くしたことを本当に有難いと思っています
その後何人かの 戸隠神社に行く というかたがたにできれば 滝の中をみてきてほしい
 とお願いしましたが どなたもみつからないということでした 
一人の方がおっしゃるにはあるけれど 目に写らない そうです???

守護石 サン ムーン

お客様がある日 一人の女性をご紹介くださいました
紹介者の方は じゃ よろしくお願いします と言ってすぐ帰られてしまいました

そこそこ大きな宗教教団に属していた方で 同じ教団のかたが長い間苦しんでいる
しかし 教団の上の方々に相談しても 信心が足りない とか 信仰の仕方に問題があるのではないか と言われるばかりで 一向にらちがあかず 治してもくれない
どうしたらよいだろうと考え 当店の守護石なら宗教の教えともぶつからないだろうからよいのではないか とおつれくださったわけで

「もう2年もこの状態です」とむねを押さえて苦しそうに 震え声でおっしゃる「子供たち(当時小学校低学年)は二人とも学校に行かれなくなりました
(このことが一番彼女には堪えていたようです) 掃除も洗濯もできません
旦那様が気持ち悪くて 離婚したいけれど お金がないので我慢しています」

このかたの守護石がピンクオパールでした
かなり大きな石で エネルギーの大きな方であろうとおもわれました
エネルギーの大きな方には よかれあしかれ大きなものに縁ができます
この方は当時の私ですら感じられるほど 巨大なものに憑かれているようでした
とりあえず 守護石をお勧めしました

かなりためらっておられましたが 最後に使ってみます とおっしゃったので
私は少しほっとして Oリングテストをしてお渡ししました
数日後電話がかかってきて 「手で引きちぎりました」 

そして直さなくてもいい というのです 子供のおもちゃにしますから と
子供のおもちゃにするには少し高価すぎるし 1回目の通しなおしは無料ですから
とりあえず直して その後またそれをどう使うかは自由ですから と言いました

1週間ほどたって 娘さんと一緒に切れたブレスをお持ちになりました
そのブレスのきれかたを見てちょっとぞーっとしました
結び目の入っている玉の両側でまったく同じふうに切れた紐がのぞいているのですが 切れ端がぎざぎざになっていて まさに引きちぎられているのです

このブレスひもは細い糸を何重にも通してあるものですから 一か所で一本切れたのなら
人の手でもできるかも とも考えられますが 両側で全く同じ長さ(結び目がまだ玉の中に残っていました)に新しいごむひもを引きちぎるなど人間の力じゃないでしょう??   

とりあえず直して 腕につけられたとき これだけでは彼女が本当に良い状態になるには足りない
 と思い家の浄化をしてくださるようにお願いしました

中心石をご購入いただかなければいけないのですが 幸いそんなに高くはなくて ピッタリのものがありましたので ぜひにとお願いしました

「そんな面倒なことはやれません 掃除もろくろくできないのに」 と言われましたが
子供さんたちも学校に行かずにおうちにいらっしゃるのなら 子供さんたちと一緒に遊びのつもりでやってください と少々強引にやりかたを説明してお持ちいただきました

その前後 ちょうど田舎のほうに行く用事があって ついでにどこか行ったことのない神社へ行こうと 生島足島神社によりました
そこの御本殿で彼女のことについてお願いしました
私は基本的に神社でお願い事はしないのです
神様は言わなくても絶対わかっているだろうし またもしお願いしてかなったらお礼に来なければならないので 遠いと大変です
しかしこのときは そうすることが必要だし きっとお礼をいうために もう一度ここを訪れることができるだろうと思いました
(数年後 お礼まいりに行くことができました ありがとう)
神様が引き受けてくださる という手ごたえのようなものを感じたので 「ああこれでもう大丈夫」とは思いましたが 心配がまったくなくなったわけではありません

また彼女から電話がありました 「今 家をやっているところです 次にどうやるんでしたっけ」

それから 2か月か3カ月あと 娘さんと一緒に来られました
[治りました! 来月から子供も学校に行くことになりました
明日は子供のおともだちを招いてパーティーをするので 買い物に出てきて ついでにお礼にきました 家の中は今までで一番きれいです 今はだんなさまにもとっても感謝しています」

お顔も明るくなって 話し方も全然違って なによりも娘さんの表情がとてもかわいくて

よかった〜 

ピンクオパールその2



ラッキーカムカム

きどき ダウジンングをしてほしい(仕事 学校 引越し その他いろいろ)ということで
見えられるのですが
今回は少し前に作っただんな様のラッキーカムカムの石を ゆるめにしたいので
一つ増やしてほしい ということで来られました
そのときに話してくださったことです
会社の忘年会で 旦那様が幹事をなさったときのこと みなさんから会費を集めたら 
どういうわけか多めにあったので 結局 彼の分の会費は無し ということになったそうです 
 ラッキー!!
と思っていたらその後 今度は車を貸してほしいと頼まれ 快く貸してあげたら 
ガソリンを満タンにして返してくださって 
超ラッキー!  だったそうです
彼のラッキーの石はとてもきれいで きっと彼自身の状態もよいのだろうな と思われました

もともとはラッキーカムカムブレスのほうが先にアイテムとしてできていて
守護石はそのずっと後に作るようになったのです
フアントム

ファントムもいろいろあります
グリーン 赤(赤富士)青 白 黄色系 紫(本当にめずらしくて実は私の前の守護石にたった一つぶ入っていましたがそれ以外 みたことが今のところはありません)MIXといろいろです
一つぶづつ全部ちがうのでとても魅力的でいくら見ていてもあきません
電車に乗っていて退屈な時など 自分のブレスの玉を一つづつじっくり見ていると 幸せな気分になります
それはどの石にも言えるのですが 針水晶やガーデンなど一粒づつ玉の景色が違うのは特に見あきることが
ないです

今度はある画家さんのことです
職業を画家 といえる人は本当に少ないと思うのですが この方はそうです
日展にも幾度も入選されているかたです

この方の最初はラピスでした
だから 独立してやっていく(つまり画家さんとして)ことのできる方であろうとは思いました
国立美術館の日展に行かせて頂いたときに展示されていた画は 硬い石でできたヨーロッパの聖堂の内部を
描いているもので どっしりと落ち着いた色合いながら やわらかな色調の優しい色使いが目に心地よく
眺めていて本当に癒されました 
 ご本人もまたそのとおりの ひかえめな風に見える方で話し方も優しく 描かれる画と人柄がピッタリです
 
デパートでの五人展にも行かせてもらいましたが 4人の重鎮の先生方の中でこの方の絵にばかり 
さくらの花(予約)がたくさん並んでいてちょっとビックリ 
面白かったのはこの方が自分の画風をもうひとつ抜けたい といわれたときのことです
そのころ作り始めて間もないころの「潜在能力開発ブレス」はどうでしょうと提案してみました
これはおねだんもリーズナブルなほうなので 即座に購入されました

その後です
新しく日展に出品された聖堂の絵をみせていただいたのですが 以前の絵と色合いやテーマはそんなに変わったわけではないのに  印象がまったく違って とても魅力的で 眼がしばらくそこから離せませんでした
構図的にも画面の中にリズム というか動きがあってパイプオルガンが聞こえてきそう 
何よりも引き付けられたのは 光がはいった という感じでした
 この画は美術系の新聞にも紹介されました

それから 2・3年たつでしょうか 最近しばらくぶりにこの方が来られて 守護石が変わり 
ファントム系になりました

ファントムも色によって合う方のタイプといえるものが変わりますが
このかたのファントムは今まで一度もなかったバージョンでした
だから最初は石の種類がファントムということ 緑や白や赤ではないということはわかっても 
それではどの色の石を使ったらよいのか 
ということがなかなか見つけられず ちょっと苦労しました
最後にできあがったものは 本当にすてきで とてもこの方らしいものでした
石はその人自身を表している いつもそう思っていましたが まさにそのまま
 ご本人もとても気に入ってくださったようです

淡いオレンジ ピンク 黄色 グレーっぽい色の大きな2つぶづつファントム水晶の間に小ぶりのブルーのフアントムが入ってピリッとアクセントをきかせて ちょっと不思議な雰囲気の
といっていいか言葉が見つからないのですが とにかくパステル調の色合いが
絵に描いたような美しさでした
石もとても大きくなって この方自身の器がおおきくなったからだろうと思います

写真撮っておけばよかったと思うのは こういうときです〜

ブラウンルチル


こげ茶色の針がぎっしりと同じ方向に並んで入っているもので パッと見は 変わった感じのスモーキークオーツのようです
ようですが なんとなく スモーキーではない奥深さというか タダものには見えない深みが感じられます
よーく見れば針がぎっしり並んで その針の色でこげ茶に見えるのです

奄美出身の女性です

彼女はとっても不思議な人で 勤めているデイサービスのお年寄りの方の写真(施設の中で)をとると たくさんのとても不思議なものが写ってしまうのです

人間の大きさくらいある桃とか(画に描いたようなほんのりピンクのおいしそうな)
茶色に白い斑点のあるきれいな羽模様(画面いっぱいに)とか
その頃ずっとこれをこのまま持っていていいのか 処分したほうがいいのかなやんでいらしたのです


というのは そこに通っていらっしゃる方が病状が悪化して通えなくなったり 亡くなってしまったりするたびに 彼女はとても具合が悪くなってしまうのです 
それで 体が動けなくなったり すると 「ああ あの方がとうとう」とか思い当たるのだそうです
一見とてもきれいなので 私もどうしたものか悩んで こういうことにとても頼りにしているAさんに聞いてみました
桃やら羽やら 光の帯だったりするのですが なんだか とても人間臭い感じがするのです

Aさんがいうには  多分 死霊や生き霊だろうから 悪意あるものではないが取っておかないほうがいいでしょう
神様系のとても高い波動のものならいいけれど そうではないので 処分したほうがいいのでは ということでした

それを聞いて 私が想像するには 彼女はまれにみる素晴らしい人なのです 
もし私がもう少しとしをとって人さまの世話になるのだとしたら 彼女のところに行きたい というような 善の人なのです 
そういう彼女のところに 肉体を失ったり または病気が悪化して行かれなくなったりした人達が霊体としてそういう姿
(自分が好きだったものとか)をとって来てしまうのでは ないか

そういう写真のようなものは 霊たちにとっての拠り所となってしまう そういう拠り所があると逆にスムーズに
天上界にいきにくくなってしまうのではないか 
亡くなった方の霊たちがこの3次元世界にいつまでもいると 結局波動的によごれていってしまう やはり処分 
ということで火による浄化を勧めました 
つまりお焚き上げに持っていくか または燃してしまうということです

その彼女は一番初めはピンクオパールでした

あっという間に茶色くなってしまいましたが何回か通し直しをして使っていただき
数年後レッドルチルに変わりました

石が変わったころ 彼女のお顔が最初の印象と変わってずい分すっきりとして あきらかにお肌がきれいになってきました 初めのころはお顔の色が黒ずんでいてぶつぶつしていて なんとなく輪郭や目鼻立ちががはっきりしていない 風に
みえたのです

そのレッドルチルが去年 洗面所で顔を洗っているときに突然切れてばらばらになって 
全部排水溝にながれていってしまったのだそうです

高価なものでしたので なんとか少しでも拾おうと頑張ったのですが ひとつも拾えず でもきっとU字のところの底に沈んでいるに違いないと 業者さんんを呼んではずしてもらい中を見たのですが ひとつも残っていなかったということでした
かなり大きめの針水晶ですから重みもあるので どうやって全部流れて行ったのかと 二人で首をひねってしまいました 
よほどたくさんの水量を流していたのでしょうか?

そうして次の守護石がブラウンルチルでした

針水晶の人はもともと感の良い人なのですが ブラウンの人はそれに加えて魔を跳ね返すくらいのちからを持つ人と
思います 彼女はこれからもっと強い意志を持って 頼ってきた霊たちを天上界に帰るよう促すことを この世に生を受けた目的の一つとして 好き嫌いにかかわらず自身のお役目 として果たしていくことになるのではないか と思います

携帯にトルマリンストラップをつけて 鎌倉で大仏様の姿を待ち受けにしたところ それまで画面の下3分の一くらいが白いもやで覆われたようになっていたのが 急にそのもやが消えて クリアになったのだそうです 見てください 
といわれて みたのですが
 もやもなにもなく 大仏様の姿がきれいにはっきりと写っています

大仏様の御威光ですね と二人で笑いあいました

「こんなことってあるのでしょうか ?」 となんどもいわれるのですが 私にすれば 白いもやが画面にずっとあったことのほうが 普通じゃないのでは と思いますけど 

ダウジング体験

15・6年前です 初めてテレビでダウジングというものを見て  そんな簡単なやり方で占い(その頃は占いのようなもの と思ってました)ができるの?とやってみることにました

5円玉でもよいということだったので 穴の中に糸を通してやってみましたが 満足いくような結果は
得られませんでした

やはり 先端がとがっているものがいいのではないか 
その頃持っていたヒスイの小さなペンダントトップを使ってみました

すると まあまあ6センチくらいの円で動くのです
イエス は右にまわり ノーは左にまわります

これはおもしろい と思って家にあるもので片っ端からやってみました

はちみつと砂糖 取り寄せている水と水道水 絹のブラウスととポリエステルのシャツ などなど 
最後には人の名前を書いたりして 自分と相性があっているのかどうか なんて
けっこう おもしろいように動くのです 

やはり 体に良いもの右にまわり  良くないものは反対にまわります
これは私自身が最初から答えを知っているから そう思っているから思った通りに動いているだけではないの?

私は小さいときから体が弱く ぜんそく アレルギー 腰痛 頭痛 自律神経失調症 など ずっと病気と二人三脚 でくらしてきました

その当時 腰痛でそれまで使っていた漢方薬 マッサージなどでも痛みが取れず 困っていたとき 何が一番いいのかダウジングしてみようと思い立ちました  最初は現物[薬とか]でやりましたが そういうものでは動くものがなにもなかったので 紙に書いてやってみたらどうかしらと 目につくもの おもいついたもの なんでもその名前を紙に書いてやってみました

そうしたら 牛乳 という字のところで ぐるぐる回ったのです

これは変じゃない? 牛乳?なんでこれがいいの?と疑いを持ちつつ これしか動かないのなら だめもと ということで牛乳湿布を作り 一番痛い部分に貼ってみました

すーっと痛みが取れました
不思議でした 今でも理由はわかりません
牛乳で痛みがとれるなんて 私が読んだどんな本にも書いてありません
けれど 筋肉の炎症にからくる痛みには本当によく効きます 

それから完全に痛みが取れるまで 1日2回 3・4日間 
湿布をしていると 腰の激痛がなく普通に動けるのです
(私の場合 牛乳湿布は最後の手段 というか トルマリン腹巻 セラミックパット さらしぐるぐるだけでは まだ痛みが取れず動くのに
不自由なときだけ使います 不思議な事に痛みがひどいと湿布を作るのがちっとも面倒ではないのに 楽になってくると面倒くさいんです)

今でも 特に傷みのひどいときは湿布を貼ります
放射能のおかげだかなんだか 今は昔ほどひどくはならないですが

最近 私は放射能のおかげで 元気! と言ってます
現実に前より体の調子はいいです 私もいろいろ(トルマリンにセラミックにエアナジーに去年からは爪もみ 他にも)
やっているので どれがどういう風に
して どんな風に効いたのかはわかりませんが
あるときから 私の人生の目標は「元気ばあさんになって 老衰で死ぬ」 ということにしたのです  今のところ順調に目標に向けて邁進中

実は牛乳は目のかゆみや局部のかゆみにも特効があったりします
薬局の薬も医者の薬も 何をしてもだめだったかゆみが 牛乳で洗浄しただけで直ってしまったことがあります
もちろん これもダウジンングで見つけました

もともとは 牛乳は真に薬として使われていたのではないか と思うくらいです

そんなことで 私はまず くすり(西洋薬と限らず)選びのためにダウジンングを始めました

それから未来を知りたい とか人との関係とか そのうちには 
あらゆること 朝の服選びどっち シャンプーどっちがいい? とかどんな小さなことでも ほんのちょっとでもどうしようかと悩んだら 「悩む前にダウジング!」 にしています

くよくよタイプなので 悩み始めたらなかなか決められず 時間だけが果てしなく過ぎていき 結局大遅刻して友達失くした なんてことも若いときはありましたから                                      

今は常に「悩む前にダウジング!」ですから とても楽です

外出時はなにを持たなくても ペンデュラムだけは忘れないようにします

忘れれば取りに戻ります それでも忘れたことがありますが そのときは出先で買えるときは買います 

ないと とほうにくれてしまうのです これ買ったほうがいいの?買わないほうが?
どっちから行けばいい? いまあの人にTELしても大丈夫? この色どっちが似合ってる?
毎日 10回も20回も使っています

ただし ダウジングといえども万能ではありません

とくに こうなってほしいなどの願いや 知識からの思いこみがあったりすると ペンデュラムは願いどおりに思いこみ通りに動いてしまいます

いかにそういうことを排除し 無意識層 集合意識層(ユングのいう)にアクセスするようにするか 少しうまくできるようになってきたとき このことが大きな課題となります
ですので やはり回数だと思います 

つまり赤のシャツか白にするか コーヒーにするか紅茶にするかなど
どちらになってもよいことをたくさんやってみることです

私はファミレスにいってメニュウを決めるのに迷ったら こっそりやってみます
そうすると料理がきてから 隣の人のを見て 「ああ あっちがおいしそう あっちにすればよかった」などと思わずにすみます

薬などはほとんど完全といっていいくらい正しく出ると思います

薬に関しては 自分のことにしろ人のことにしろ やはりこのつらさを失くしたい治りたいという意外 他の感情などがあまり入る余地がないからかな と思います

ときどき自由にペンデュラムをコントロールできる という人がいますが これはまったく意味がないわけで そういう自分の意識をいかに排除するかが 先の課題となりますね

私も初めてから1年ほどたったころ なんでも自分のことをやると自分の願いどおりに動いてしまうようになりました 
仕方がないので 自分のことについては 五分五分 とおもうようにしました

そういうときでも他人のことは大丈夫です 自分に利害がない人のことは客観的にみれるからでしょう

2年ほど前からようやく 自分のことでもなんとか100%とはいえませんが できるようになりました ただ考えていてもまったく見当がつかないことが ペンデュラムを垂らした途端 パッとわかったりします しょっちゅう使っていると 意識が常にその方向に向くようになるので あきらかに感がよくなります

私の場合は ペンデュラムを垂らす という行為が意識を別の次元に自動的にシフトさせる ということになるのかなと思います

ペンデュラムは道具ですから 基本的には 錘になるものをぶらさげられれば なんでもいいわけですが 最初の頃のペンダントトップから ちゃんとしたペンデュラムに変えたとき びっくりするほど動きがとても速く 大きくなりました

それから考えると やはり自分に合った道具を使うというのは違いがあるし大事なことなのだろうと思います 初心の場合はとくに 自分のエネルギーが伝わりやすいものを選ぶのが良いと思います 私のところでは もちろんダウジングでその方に合うものを選んでいます 

実は私自身 普段は水晶系のものを使っていたのですが 一度失くしてしまったとき 結構使いこなせるようになったから この一番売れ残っているアメジストのでも大丈夫だろうと 使ってみました 
使えないことはないのですが 使うたびにいらいらしてだんだんそれが強くなり 結局1週間であきらめました アメジストという石自体もともと私には強すぎるのです

道具なんだから 使いこなせればいいのだ と思っていましたが ちょっと考えがあまかったかな〜 良い勉強になりました

「迷ったらダウジング 悩む前にダウジング」 私の標語です

数年前 事情があって3年だけ自宅から離れていたとき
棚が必要になって スチール棚を買いに行きました
3段の小さな棚と 4段の大きな棚 値段は同じだったのです
ダウジングをしました 小さなほうがよいとでます

でもでも 値段が同じなの〜
大は小を兼ねる! でしょう
おおきいほうが絶対お得! 理屈(おばさんはお得が好きです)のほうに従ってしまいました

持って帰ってさっそく組み立てました
大丈夫 大きいほうでもちゃんと置けました
やっぱり大は小を兼ねるだよ ダウジングもいい加減なもんだ 大きいほうにしてよかった〜 と思いました (本当言うとちょっとじゃまだった 小さいほうでもよかったかな〜 そんなに置く物もなかったし)

3年たって ようやく元のところへ戻ることになったとき 入らない 自宅には置くところがない 処分するしかない
小さいほうにしておけば 捨てずにすんだのに  ダウジングに従っていれば と反省しました 

そんなこんなで とりあえず ちがうんじゃないの〜?
と思っても なるべく従うようにしています
が やはりおおきい買い物とか 人生を左右するような問題とかになると ダウジングだけでは不安です

そういうときはどうするか?
Oリングテストです

私は 一番信頼できるのがOリングテスト と思っています
今のところ これ以上の方法はない と思っています
だからといって100%確実 と思ってはいません
100%のやり方なんて この3次元世界には存在しないと思います
3次元的波動は とても荒く 微細な歪みまで感知できないから と考えます

車を買うとき エアナジー器を買うとき 大体のところはダウジングで出して
最後のあれか これかはOリングをしてもらいました

Oリングの不便なところは 一人ではできないことです
一人Oリングなどというのもあるようですが 私はいまいち信じられません

知り合いの夫婦たちは 家具を買う どこの店で買う いつ出かける 子供を産む病院はどこにするなどほんとに些細なことも重大なことも 二人で Oリングで決めています
どこの学校を受験するか 会社をやめるかまだ続けるか 離婚するかしないかダウジングとOリングができれば ダウジングだけなら8割 Oリングを加えると9割以上迷いがなくなる感じがします
最近はお医者さんでも Oリングで薬をだすかたが増えてきているようです

出先で店員さんの手を借りて Oリングをしてもらったこともありました

私はタロット占い(1件1000円)もするのですが 良い結果にならなかったとき たいていの方は納得いかない(あたりまえです)わけです そういうときは ダウジンングなりOリングテストなりをしてあげます これまでダウジング結果とOリングテストの結果がおおきく食い違うということはなかったので どちらをしてもいいいわけです
両方すれば尚 安心

占いをするとき私はいつも面白く思いますが 人との関係などタロットをしても 姓名判断をみても ダウジングも Oリングテストの結果も すべて同じ結論になることです
事実はひとつなので なにをしても正しく行えば結果は同じ ということでしょうか

私は日本人みんながダウジンングをできるようになったらいいのに と願っています

そうしたら たとえば通販で必要ないものを大量に買い込んでしまったり 無理して合わない人とつきあったり 詐欺にあったり たとえば自殺をえらんでしまったり などということが とても減っていくだろう と思います

近いうちに ダウジンング講座を開こうかな と計画しています

今 放射能問題で 食べ物や水の安全性に不安を持っています
水も野菜も 安全かな?と不安になったら とりあえずダウジング

                              

                       

ラッキーカムカムのミラクルと守護石ブルールチル

驚きました

奇跡としかおもえません  受かったんです 大学に

去年受けて落ちました
当たり前 と思いましたから 残念とか気の毒とか全く思いませんでした

高校を曲りなりにも 何とか卒業して(なまえさへ書ければ大丈夫というところ 失礼!(笑))それから3.4年経っています その間全くというか ほとんど勉強していません

突然大学に入りたいと言い出し 2年間くらい 独学で勉強して受けましたが落ちました
受けたい大学と学部は決まっているので そこ以外どこも受ける気がないそうです

今年またチャレンジしました
親にしてみれば 受かるわけがない しかし言い出したらきかないので まあ本人の納得のいくように ということでやらせていたそうです

少しでも望みが出るようにと 初めてラッキーカムカムを作りました

一応わたしは伝えます 「作ったからといって受かる保証はまったくできません
学力がなければ物理的に不可能です ただ もしまったく同じ点数の人がいてどちらか一人 となったときラッキーはその人を引き上げてくれるでしょう」
今まで ラッキーを作って その上 学力も十分だったのに落ちた という例はきいていません 

逆に第2 第3志望は落ちたのに 第一志望だけ受かったとか
先生が絶対むりだといったのに だめもとで受けたら受かったとか
医学部受験で 2度落ちているから 今年落ちたらもう医学部はあきらめる といってとりあえずダウジングで相性の良いところを3校受けて 2校受かり どっちに進むかと相談に来られ ダウジングでこっち と決め 入ったら 後でもう一校のほうのうわさを聞き あっちに行かなくてよかった などということもありました
その子はもうインターンを終えました

話戻します
そして落ちました
[ああやっぱりね]

ちなみに この方の守護石はブルールチルです
インディゴルチル とも言ってます
この石の方は
エレスチャルの方と似ていますが もっとマニアックです

この石のお子さんを持つ親は大変です
普通の常識は全く通用しませんから

小学生の時 算数の問題でチョコレートが12個ありました
O君とA君とC君と3人で分けてください
一人何個づつ食べられますか? という問題に
「僕は2個でいいよ あまりチョコ好きじゃないから B君とCくんいっぱい食べれば」
「ちが〜う」 これは算数の問題だから〜

インディゴチルドレン という本を読んだことがある方なら 多少理解できると思うのですが 普通の人には どういう脳の構造になったいるのかまったく理解ができず 親はさらにと惑うばかりと思います

ついでに話しますと エレスチャルが守護石の方は 私は宇宙人 と言ってます
インディゴにしろ エレスチャルにしろ 感性・感覚が鋭くとても繊細な波動を持っています
ただ地球生活が短いので3次元的 社会的なことが苦手です

人は何度も転生しています 
そう考えないと理屈に合わないことがたくさんあります

産まれたときから 同じ親 同じ食べ物 同じ学校 と似た環境の中にいたのに 赤ちゃんのときから 好みが違うのはなぜ? 得意 不得意も全然違ったりする
環境 と遺伝だけでは 説明つかないことがたくさんある
ところが 前世が現世に影響を及ぼしていると考えると とても簡単です

シンプルが正しい 
運動でも 人生でも 食べ物も 人との関係も シンプルイズベスト と思います

を観察しに来たのだ と わざわざ宇宙から わざわざ不自由な肉体の中に魂を閉じこめ そういう物理的状態 というものを経験しにきている と考える 

普通の人にとって簡単なこと あたりまえで疑問もわかないようなこと(嫌いな人にも挨拶するとか 先生のいうことには逆らわないほうがお得とか)が苦手だったりするのも当然である なにしろ宇宙人だから

(ちなみに私は土着地球人と自分のことを思っておりますが 挨拶や社交辞令は得意ではないです でもそうしたほうが良い ということは理解していますのでやるように頑張ろうとします うまくいくとはかぎりませんが・・)

とにかく 自分は地球人のやり方を観察し学ぶためにここに来た
そんな風に考えると 社会的生活をうまく過ごす 「こつ」 などが見えてきて なるほど挨拶も 社交辞令も社会的ルールも 使ったほうが人生 楽なんだ とわかってくる 
自分で気がつくと思うのです

自分で気がつきにくいのが インディゴ
仮に気が付いていても  興味がないものは やらない やりたくない やれない

わかっていても納得しないから やれない やりたくない

この やれない ということが問題です

脅迫神経症の人がどうしても 電車に乗れない とか 高いところにあがれないとか 自分で自分を縛ってしまって つらい思いをするのですが それと似たようなところがある気がします

興味の対象も みる視点もまったく違ったりするので 周囲が逆にその方に合わせていくようにするしかない

そこをまわりが理解できるようになるまで大変です

少し深く心がわかりあったりすると とても魅力的だったりするのですが たいてい周囲はそうなる前に そのマニアックさに関わることを恐れたり 面倒だからと避けてしまったりするかもしれません

話がそれすぎて なにを書いていたのかわからなくなった

ラッキーの奇跡

受かったんです おめでとう!!

ある日 電話が来ました
「辞退者が出たので あなたは合格になりました」

「えっ 合格?」

奇跡はそれだけではありませんでした

少しでも受かりやすいようにと 一番いきたいところはあきらめて 一番いきたくないけど 一番入りやすそう という学科を受験したはずだったのですが 後日合格通知が送られてきたとき 一番いきたかった学科に受かったことになっていたのだそうです

この方の希望を大学側が知っていた?まさか 仮に知っていたってそちらに 空きがなければ無理ですよね?
第一 志望してないし 

まあ とにかくよかった

独学では受かりそうもない と予備校に通う準備を始めていたところでしたが
それはもう必要なくなりましたね

とにかく おめでとうございます

エレスチャルとインディゴルチルの違いは 簡単にいうと エレスチャルのかたは宇宙から3次元生活を体験にきているので 自分自身でそのことを認識できれば つまり地球人はどんな風に考え どんな風に生活しているのか       

パワーストーンの浄化について

今回はよく店でも聞かれるパワーストーンの浄化法につてお話したいと思います
浄化法 といってもいろいろありますので 私自身がいままで(およそ10年間)試してきて効果が
あった というものについてのみお話します

1)セラミック石鹸で洗う

これが一番簡単で効果的な方法です

宣伝になってしまいますが 多分石鹸のほうの波動が高いので 低い波動のものが落ちてしまうのだと思われます

たとえば切れたブレスをお持ちいただいたとき 霊的に汚れていて(見るからにちょっとというのもあれば 見たところは完全にきれいなんだけどちょっと ということもあります)私自身がゴムを通しにくい というか触りにくい という感じなのです 
これは本能的な感覚なので どうにもなりません お客様のほうでも敏感な方は 切れたわけではないのだが どうも腕に付ける気がしない 等と言われることもあります

 そういうときに この石鹸で3度くらい洗浄します
3回 と言いますのは 一回目は不思議に泡立ちにくいのです

  3回目はちょっとだめおし という感じもあります

  遠慮会釈なくごしごしと洗います

 たまに 最後にそこに塩を使ったり 良い神社(戸隠神社 明治神宮 鹿島神宮などなど)の水に漬けたりもします

 そして それでも微妙に残っている場合もありますが 強引に通してしまいます  
きれいになります 
お客様ご自身が見てもほとんどの場合 明らかに違いがわかります

自分でも不思議に思いますが 本当にキレイにクリアになるのです

  たまに通しなおしているときに私のほうの指先がしびれたりします 
  多分微妙に残っていた部分がこちらの手に移ったのかなと 思っています 

でも大丈夫
   また石鹸で洗えばよいのです

もちろんこの石鹸は 石だけではなく肌にも非常に良いものです
  ある方は腕が痛かったとき マッサージなど何をしても治らなかったので 
  試しに石鹸で洗ってみたら痛みが取れたそうです

   作っている方は髪にも良い といっています

私は顔を洗うのにこの石鹸を使いますが おもしろいことに先に自分の石を洗ってから 
その泡で顔を洗おうとすると 直前で手が止まってしまうのです 
どうも泡の中にマイナスエネルギーが入ってしまうようなのです

化粧を落とすためにも 私は顔を3回この石鹸で洗うのですが(クレンジングクリームは
一番肌の細胞を壊す と皮膚科の宇津木竜一博士が書いています)3回目のきれいな泡で
ブレスを洗うのはなにも問題がないです

それでこの石鹸を買ってくださったお客様たちに 是非試してみてくださいと話しましたら 
やはり手が止まる というかたが何人かいらっしゃいました

セラミック石鹸  1個2500円
                  当店の品をお持ちのかたには1個2000円 2個だと3000円

色々動かすのが大変なので この続きは一番下に書いてます

次回に続きます

パワーストーンの浄化について

基本的には当店のヒーリングストーンに関しては 「ときどき浄化してください」 とは言いません 
私もこの店を始めて早10年以上も経ってしまったわけですが その間にいろいろなことがわかってきました 
お客様からや自分の経験も含めて一つ二つの事例ではなく多くの方に共通する事柄などは ある程度正しい 又は
そういうもの と考えられます

浄化しようとしなかろうと そうっと大事にあつかおうと 結構乱暴にあつかおうと切れるときは 切れる 
汚れるときはよごれる(霊的なだけということもあれば 物理的にもということもある)のです

ゴムが新しいとか 古いとか 太いものを使ったとか細かったとかはあまり関係がありません 
程度はあります 
当店ではゴムにする場合は細くても0.7ミリ以上 それ以下だとテグスやワイアーを使うようにします

1年半くらい2週間おきに切っていた方もいれば 6年 7年一回も切れなかった方も何人かおられます 
ゴムの耐久年は多分1年から2年だと思うのです

ですから 触らなくても そうっと置いておいても切れるときには切れてしまいます
一晩でも付けていただくと それから付けていなくても 石はその方と繋がってしまうようで 汚れてしまった
こともありますし そっと置いておいたのに付けようとしたら切れていた などということもあります

ある方はたまたま腕に付けているブレスをじっと見ていたら ぶつっといってばらばら落ちたそうです

けれど切れたからと言って その石がもう使えなくなるとかだめになってしまったとは限りません
つなぎ直してまた使える場合がほとんどです

 色が汚くなった 艶が無くなった 曇った 針が減った などなど石は使っていると様々に変化します 
もちろん とてもきれいになった 色が濃くなった 透明感が出た レインボウが増えたなどもあります

ピンクオパールは一番色自体が変わります 茶色くなったり 牛乳を流し込んだように不透明に白っぽくなったり 
まれに黒い影のようなものがついたり そうかと思えば逆にとてもピンク色が濃くなったり 透明感が出てきたり
人によっていろいろです

石は生きているので 持っている方の状態を反映しているのではないかと考えています

色が変わったから 曇ってしまったからということと 石が合わなくなったということは また別のことです 

 しばらくしてその人の状態が良くなったときに 石もきれいになったりします

たまに もはやどうにもならない とか持ち主と波動が全くずれてしまった 等という場合もあります 
そういう場合は残念ながら石はお役目ごめん となってしましいます

ブレスやネックレスが切れる 失くす というのはどういうことなのか? と考えたのですが 
いろいろなその時の状況や 心の状態などなど聞かせていただいたことを総合してみますと 目に見えない次元
において 守っているその方のマイナスのエネルギーを解消する または外部から来たマイナスエネルギーを中和する
 というための場合が多いようです

だらしない部下に頭に来て手を振り上げたとき 営業のかたにきちんと約束を守らなかったと指を突き付けたとき  
言うことを聞かない子供をひっぱたこうとしたとき いずれも石はバラバラに飛び散って 怒るどころではなくなり 
必死に皆で石探し

生き霊にやられているという場合も多いです
そのために 具合が悪くなったり イライラしたり 動物霊に憑かれて 行動がおかしくなったり 見えない世界
の影響は思っているよりずっと大きいのです

精神的な病や 原因のない痛み 理由のない怒りや落ち込みなど そういうことも疑ってみることが助けになるかも
しれません(生き霊ってあるんです やられた経験がある人は死霊より恐ろしいといいます 私自身もあります
もちろん証明できるわけではありませんが この店を始めて数年経った頃 もともと体は弱かったのですが とにかく
苦しくて体が動かず でも横になっていると大丈夫なような気がするのですが 立ち上がれないのです
一度は階段を下りている途中で気を失いました
きを失うなどということは初めてだったので 良い経験でした
ラッキーと守護のおかげか冬なのに肺炎にもならず 怪我もなく逆に目が覚めたとき少し苦しさが楽になっていました

その原因が見える人に聞いたら 生き霊だといわれたのです
そこで私も気がついて 実はそのときそれを引き寄せるようなものがあったのです
いくら守護の結界を張っていても 引き寄せるもの テレビの受信機のような役目をするものがある場合は どうにもなりません
それを処分してから ぐんぐん良くなりました
 悪いものだけではなく まれに善いものもいます たとえばお母さんが病気の娘を心配して付いて
いたり・・ しかし大概はねたみ そねみ
 恨み 又は相手を思い通りに動かしたいからと思います 
そしてほとんどの場合飛ばしている本人は全く関知していません

だから 飛ばしてしまっている方に話をしても何の意味もありません
逆に「頭おかしいんじゃない」 などといわれてしまいます 
 有効な対策はたったひとつ 私の経験からも これがベストと思います

それは 毎日影響を感じなくなるまで そのかたの幸せを祈ることです

もし誰かわからなければ 自分に関係する方すべての幸せを祈ればよいのです

飛ばしてしまうというかたは ご自身が幸せと思っていないからです 
もしかしたら あなたとは関係のないことで本当につらい状況にあるのかもしれません 
自身が幸せであれば 人を呪いたいとか貶めたいとか考えたりしないでしょう 
恋をしている真っ最中であれば 誰にでも優しくしたい などとおもったりするのではないでしょうか

つまりは 相手が幸せになってくれれば こちらを害したいなどという気持ちは自然に無くなるということです

石は曇ったり 色が変わったり 欠けたり(かけらのほうにいらないものを閉じ込めてしまう)終いには砕けたり
(あるお子さんは切れるだけでなく必ず半分くらいのパーツがバラバラに砕けてしまうのです かなり霊的に強い
お子さんでしたから お母様は大変です
砕けたかけらのほうも一生懸命拾ってこられましたが もちろん使いようはありませんので 処分して頂きました 
このときもおもしろかったのですが 車で出かけると3か所 彼が頭が痛くなったり 気持ちが悪くなっ
り 
鳥肌がたったりするところがあるのだそうです 
普段はそこを通らないように気をつけているわけですが ブレスを作った時 わざとそこを通ってみたそうです 

そうしたら まったくなんともない

子供さんが 「お母さん この腕輪はちゃんと効くんだね」といったそうです

霊能者のなかには 石がマイナスのエネルギーを吸っていくのが見える というかたもいらっしゃいます 
その方の石は始めピンクオパールでしたが2年ほどたってこられたときには 文字通り汚れて茶色になってしまった
という感じでした

あんまりにも汚い色になっていたので よくこんなものを付けていられましたね と思わず言ってしまいましたが
吸っていくのが見えるので片時も外しませんでした といわれました

先ほどの石鹸で洗ったら半分くらいの石は完全にピンク色を取り戻しましたが 残りはだめでした 
改めて守護石を調べ直しましたら まったく違う石に変わられていました


話がそれました

石の浄化法 2)

波動の高い水を使う

一番良いのは自然の中にある 湧水 渓流 

次に波動の高い場所(神社の境内など)にある地下水(井戸水とか)など

湧き水や渓流水などはいつ誰のを洗っても 水に一瞬つけて出すだけでキラーっと光ってきます 
私が一番と思うのは滝原の宮(三重県)の中を流れる川の水 

日光の天海和尚さまのお墓へ行く途中の山から落ちてくる水が良かったのですが 
ここは多分今は使えないだろうと思います 
今年行った時には お墓へ行くこと自体が禁足になっていました

理由は聞いても教えていただけませんでした

近いところでいえば明治神宮の将門の井戸 ただしこの水は汲んだりできなくなったので 次点として手水舎の水 

鹿島神宮 戸隠など 神社や山寺の水

家の近くにある小さな神社などでも神主が居て 常にお祭りを欠かさない神社は良いところが多いので 行ったときに
良いところだなあ と自分が感じたら また 水を飲んでみてとても美味しく感じたら 波長があうということだと
思うので そういう水をペットボトルなどに入れて持って帰ればしばらくの間使うことができます

一説に水の記憶は7日間ときいたことがありますが 浄化に使うには一カ月でも大丈夫です 
水道水とはパワーが全く違います

お客様の中には旅行に行かれる時には必ず家族中のブレスを全部持っていき 
良い水のあるところで洗われるそうです

昔は私も水汲みに足柄郡の最乗寺まで通っていたことがあります

ここの水も素晴らしかった

必ず 朝の6:00前につくようにするのです
大体その時間くらいから修行の御坊さま方総出のお勤めが始まります

下のほうからホラ貝を吹きならしながら御坊さま方が列を組んで御堂まで上がってこられます

般若心経等の声明は素晴らしい迫力です

嬉しいのは一人のお坊様が参列者の後ろに回り 私たちも結界内?にいれてくださるのです 
家内安全から健康 商売繁盛まですべて唱えてくださいます
すべて無料です
参列者がいようと居まいと毎朝 1年中 

境内自体も強力なパワーがあり 私が特に好きなのは枯れた木の周りだけがほんの少しだけ残っている
ところで その中心に入るととても温かいのです

いつ行っても誰が入ってもその暖かさはわかります

なぜそこだけ暖かいのか全く不思議です 

それでもキレイにならない場合

パワーストーンの浄化法 3
3)塩水と月の光+太陽光

この方法は時間がかかる場合が多いです

まれには1晩で などということもあるかもしれませんが そのくらいなら 上記までの方法で簡単に
おちてしまうと思います

少なくとも3週間 3カ月 半年 ときによっては一年やっても落ち切らない等ということもあります 
1年以上続けてもだめなときは もうその石は再度の使用はあきらめたほうがいいかも です

器(瀬戸物 ガラス ステンレスのボールもOK)に塩水を作り その中にブレスを漬けて
月の光があたりそうな窓のそばに置きます

曇っていても月の波動は来ているので 満月ということなどにこだわらなくても大丈夫です 
昼間は当然日光があたりますがそれも
OKです

先ず 霊的に汚れている場合は 器や石に泡がつきます

最初それを見たときは新しい塩水(真水でも同じです)に石を漬けるとこんなふうに
泡がつく物なのかと思いました けれど毎日一回水を変えているうちにだんだん泡の数が少なくなっていきます 
大きかった泡が小さい細かなあわになっていったりもします

汚れていないものはそんなふうにはなりません

とにかく一日一回 見て 駄目だと思ったら水を取り替えます

あわがあるうちは真水はだめです 必ず塩水にします

時によっては虫が浮いていたり ほこりが飛び込んでいたり 
不思議な事に油のようなものが水面に浮くこともあります

そういう間は毎日塩水を取り替えます                

話がまったくそれました

守護石ブレスを腕につけたら背中や腰が温かくなった

先日同じ日に二人の方に 同じことを言われたので 印象に残りました

おふたりとも同じ石だったのですが 一人の方は初めてこられた方で 守護石のまだブレスになっていない石を持っただけで 両足が
びりびりすると言われ 出来上がったブレスを腕にはめたら 背中から腰がどんどん温かくなってきた
今まで何本か パワーストーンといわれるものを作ってきたけれど こんなことは初めてです と不思議がっていらっしゃいました

もう一人の方は 以前パンプル・ムースで守護石を作られていたのですが 見るとその石はもはやまったくエネルギーが無くなっていて 
色もかなりあせてしまっている 
けっきょく新しく作られたわけですが 石の種類は変わらず 形とグレードが変わりました
丸玉になってグレードのよいものになったのです

そして腕につけたら 背中や腰が温かくなった 見ているとほんのりお顔も赤みがさしてきています
とても嬉しそうで ちょっと感動的でした

今までもたくさんの人たちが つけた瞬間に変化が現れたりします
100%の人というわけではありませんが 明らかに違う と感じる人は半分くらいでしょうか
お顔の色が明るくなる 表情が引き締まる 目が大きく見開く 女性はほとんどの人がキレイになっていきます
その方の一番良い状態が 前面に出てきた という風

ほとんどの人はつけた腕が温かいとか すうすう気持ちいい といいます

まれにしびれるような感じ 人によっては締め付けられる つけるたびに頭が痛くなる といった方も居ました
この頭が痛くなると言った方は 「ずっとつけていると何もないのだけれど お風呂などでいったんはずして再度つけようとすると
痛くなる どうしたらよいか?」 とたずねられたので おそらく何かマイナスなエネルギーを持つものに入られていて それの抵抗が
強いのだと思うので 「しばらくはお風呂に入ろうと何をしようと 自分が完全にブレスと同調したと感じるまではずさないでください」
 とお願いしました その彼女も そのころの恋人とは別れることになりましたが 
すぐによい人と出会い今では お子さんも生まれ 幸せな結婚をしています